ト-キョウ ガイジン モデルズ

luvjasjas.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:外国人( 15 )

カタログモデルでございます

カタログのお仕事も多数やらせていただいておりますよ。

今日、ご紹介するのはカシオ様のエクシリムのデジタルカメラのカタログに載っております
3名の男性モデル!



c0029524_18185420.jpg
このお仕事、うちのマネージャー君候補者出すときに老若男女100名以上提出いたしました。
「色んなタイプの候補者出してね~」とクライアントさんにお声掛けいただき、がんばって100名の候補者モデル出しましたの。


そうでございます、ラザリスはひとつの案件に関して、より広く様々なモデルカテゴリーからお選びいただけますよう、100名一度に提出することも可能でございます。
注:この場合老若男女でしたので、100名さらりと提出させていただきましたが、オーダー内容によってマッチョ白人男性とか170センチ以上の金髪きれい系と狭いご発注範囲になります場合は、100名は無理でございますので、あしからず。

でも、マックスの人数をがんばってお出しします~☆

まずはど真ん中に写っておりますディーン君。


c0029524_18201177.jpg


実は、このオーディションの日マネージャーたちがインフルエンザでダウンしまして、ラザリス人手が足りずにいつもはマネージャーがオーディションにもちろん同行するのですが、モデルたちだけで行かせました。

とある大きなビルの会議室で行われたのですが、普段はマネージャーが連れて行くのですんなり会場までたどり着けますが、このディーン君、ちょっと迷ってしまったようでビルの受付のオネエさんににこやかに場所を尋ねていたそうでございます。

するとその様子がクライアントさんの目に留まり、なんとその姿がなんだかよくて、お仕事決めていただいたそうでございます。

そんなこともあるのですねえ。

続いて、ディーン君の左隣におりますのはクリスでございます。


c0029524_1825488.jpg



日本語ぺらぺらの日本歴なが~いフランス人紳士でございます。

そして最後にご紹介は、ディーン君の下側に位置しますマイケルB。

c0029524_18265516.jpg



モデル事務所といいましても、すべてがキレイ、かっこいい系ではございませんのよ。


ラザリスではキャラクターも豊富に揃えて、

皆様のご注文をお待ちしております!!

さあさあ、電話をかけてみよう~!

03-6459-0991

ラザリスモデルエージェンシーまで♪



お問い合わせ
info@lazaris-net.com
[PR]
by luvjasjas | 2012-02-28 18:34 | 外国人

シンデレラな友達

麻布から白金に引越しをしたとイギリス人の女友達が報告をしてきてたので、久しぶりだしお茶でもしようかと都ホテルで落ち合う。

彼女はアフタヌーンティーのセットを頼んでいたが、イギリス人がアフタヌーンティーするのはじめてみた私。

私の周りのイギリス人は紅茶よりみなコーヒーを好んで飲んでいるから、ちょいと新鮮だった。

家を見においでといわれたので、随分遠回りしながら(彼女がまだ近隣の道を覚えていないからかなり歩かせられたが、ホテルからは結果そんなに遠からず)やっとこさたどり着いたが、
以前住んでいた麻布のタワーマンションを超える代物だった。

5階建てで、新築で、ワンフロアー貸しで、メゾネットの5LDK。
あんたら二人でリビングとキッチン以外に5部屋もいるんかい!といいたくなるような広さ。

家賃ははっきりいわなかったけど、多分どうやら150万から180万円の間みたい。

全て弁護士のだんなさんが払っているとか。

彼女にしてみれば、誰がそんなに家賃を支払うのっていうくらい高いっていってた
だって彼女の年収は300万円いかないくらいだからねえ。。。

近所のスポーツクラブの会費が16000円もするって、ぶーぶー文句言ってたし。
(だから入らないそう)


その家トイレは4つあって、お風呂二つにシャワー3つ。

テラスも4つ角かどにあって。

すごいわねえー。

うちのモデルたちは同じ外国人でも、500円の交通費でブツクサ言う人たち。

外国人もいろいろいるもんだ・・・。
[PR]
by luvjasjas | 2006-07-10 19:56 | 外国人

ボビーが暴れたって!?

夕方ヤフーのニュースで見てびっくり。

曙を倒した男だから、そりゃ強いだろう。

原因はギャラに関する問題みたい。

あれだけテレビに出て、グッズも販売されて、試合にも勝ってだと相当稼いでいるだろうと誰もが安易に想像できる。

年齢が報道にでた年齢とプロフィールが違ってた。。。
私より年下だったのに、随分年上になっている(笑)
まあよくあるはなし。

そういえば昨年末、表参道のグッチの入ったビルの駐車場へ続くエレベーターの中で、不動産屋さんらしき人と複数でいるボビーと乗り合わせた。

「敷礼2,2 手数料1よ」という女性の言葉に「そんなにいるのかあ」とでもその不動産用語をすんなり理解できるこのドデカイサングラスをかけたブラックガイは何者だ?と思っていたら、
その声でボビーとすぐに分かった。

それはおいておいて、

ギャラの話って日本人同士でも面倒なのに、相手が外国人とだと本当に困る。
感覚がやっぱり違うから。

事務所がいて、窓口になってお仕事を受けて、で、そのタレントやモデルが仕事を取るまでに、クライアントと連絡をとり、資料を作り、プレゼンし、時にはクライアントにお小言を言われながら、がんばってアレンジし、オーディションでは通訳し、現場でも通訳とケアーをして・・・・と諸々作業があるのだが、時折

「俺がやってやらないと事務所にカネが入らないだろうと!もっとよこせ」とゴネル輩もいる。

私たちがこの話あんたに振らないと、仕事までとたどりつけないでしょ!と思うのだが、
過去にした仕事はこれくらいもらったから、これくらいじゃないとおかしいと文句つらつら。

だって、クライアントが予算なくて・・・・っていってるし、いつもより安いよっていって振ってるのに、聞く耳持たずブーブーいう。

モデルからしたら本当だったら100%俺の稼ぎなのに、事務所に取られていると感じるんだろう。気持ちも分かるけどさあ、人件費や経費って物がどどーんとかかっているのよ、経営って!



大手企業のCMでもあるクライアントさんからは7桁に近い値段をいただけることもあれば、同じ企業のCMなのに別のクライアントさんからは5桁ほどのものもある。

拘束時間、仕事量同じでもこれだけ差があるのだ。

ま、露出や競合とか諸々の条件違ってたりするんだけど、金額だけで考える外国人はおおいから、そこまで見えないのだ。CMはCM、みたいな。

値段交渉が一番マネージャーが苦労している。泣きながらやっているよお(笑)

「最初に全部言ったしメールに書いて説明したジャン!」
とこっちは思っても、グリーディーグリーディー、そんな話は聞いていないとか、撮影前日に上げないと行かないとごねたりとか。

うちにボランティアになれというのか。

ボビーはもうタレントなので、その辺の外国人たちが露出するのとはケタが違う値段だろう。

あれだけ休みなくでているから、それ相応の値段をもらわないと腑に落ちないんだろうなあ。

まあそれも分かる気がする。

そのタレントやモデルが稼げば稼ぐほど会社にもお金は入るが、すべてひっくるめて売り上げになるからそこに高い高い税金がかかってくることなんて、誰も気にしてくれないんだろうねえ。
[PR]
by luvjasjas | 2006-01-25 23:55 | 外国人

HOUSE MAID さん

とうとうお願いをしてしまった。。。

お掃除をしてくれるお手伝いさん。

あまりの忙しさに部屋は徐々に「ピカピカ」状態からはかけ離れていってたから、
ヤバイやばいと思っていたらとうとう、うちに遊びに来た外国人に言われてしまった。

「雇った方がいいんじゃない?うちには週二回来てくれてるよ。もともと自分でもきれい好きだけど、キミは忙しいんだから雇った方がいい」
って。

やってくる前慌てて部屋を片付け、なんとか形にはしたものの部屋のフローリングには猫の毛(長毛だからさあ、ぬけると固まりで落ちてしまう)や部屋の隅には埃が溜まってしまっていたのだろう。。。

3時間の契約できてもらっているのだが、かなりてきぱきやってくれているにもかかわらず、終わらない。。。あと10分で時間一杯になるが、まだ廊下と、最大の難所、お風呂場、洗面所が残っている。
全然広いお部屋じゃないのにさあ、知り合いの外国人たちが雇っているのは本当に広いマンションばかりだけど、うちは広くないのに、なぜこんなに時間が掛かるのか・・・。

日本人の友達や知人のお宅をお邪魔したら本当にきれいにお掃除されていて、すごくうらやましかった。
その人の持つスキルに。
やはり掃除にも向き不向きはあるのだ。
いつ行ってもぴかぴかのおうちってあるもんねえ。
うらやましくてうらやましくて。

ただ掃除機をかけるとか、床を拭くとか、見えているところはやっても、そうでない場所はやはり詰めが甘いのが私。
料理はかなり好きなのに、掃除は昔から不得手だった。

さて、今来てくれているのは、知り合いの会社のフィリピン人のマリリンさん。
勢いよく、ちゃかちゃかとお掃除してくれる。
このスキルが私にあれば・・・。
私がやるとだらだらと「ま、いいかあ」で終わってしまうのだ。

最初は私も何となくカーテンを洗濯したり、チョコチョコやっていたんだが、プロに任せた方がよさそうだ。

もちろん週二回も私の家の規模では必要ないので、月2回くらいまとめてお掃除をしてもらえるとありがたいなあ。
[PR]
by luvjasjas | 2005-12-18 14:59 | 外国人

家賃100万のアパートメント

友人とご飯を食べに行く約束をして、彼女をピックアップするのにゴージャスマンションへお出迎えに。

結局そこのゲスト駐車場に車を停めて、HCというレストランにいったんだけれども、彼女の着替えを待つ間、ゴージャスアパートを見ることに。。。

以前ブログで彼女の映画みたいな話を書いたから、なんとなく聞き覚えがある人もいるかもしれないが、彼女は婚約者の彼とここに住んでいる。
(二人ともイギリス人ね)

アパート一階のエントランスもかなり広々としていて、運転手付の車や外車を運転する外国人の姿、いかにもお金持ちそうな親子連れがたくさんいた。

どうやらうわさによると一番上のペントハウスには有名外国人社長(日本車の)CGが住んでいるとかいないとか。

中にはもちろんジムがあり、プールがあり、立体の駐車場があり、スパがある。

彼女の部屋もリビングはそんなに広くないものの、トイレも二つあって、2LDKの造りで、ウッドデッキのベランダがあり、目の前に東京タワーがどーんと構えている。

キッチンも備え付けの外国製の冷蔵庫に洗濯機に乾燥機。
でも二人とも料理はしないのでかなりきれい(笑)
週に5日は外食だって。

同じフロアのほかの部屋も外国人カップルが住んでいて、一組は同じくイギリス系で、もう一組はオージーの男性と、とあるアジアの比較的発展途上中の国の女性のカップル。
あまりこの女性は英語が話せないらしく、見た目はバリバリセクシー系だとか。

きっと「PRETTY WOMEN]のリチャードとジュリアロバーツのような組合せではないかとひそかにうわさしているそう。

そうだとしたら、このアジア人女性の人生でのすごろくは、すごい上がり方に違いない。


話は戻って、この夜景、この広さで100万ほどの家賃らしい。

月に100万払えるって、すごいよねえ~ってマジで思うわ。
ザ外国人弁護士ってこういうものなのねと感心。
彼女が来るまで彼はここに一人で暮していたのだ。
月に何度も海外出張が入るから、無人の時もかなりあっただろうに。


私のほかの知人でやはり100万円のマンションに住んでいる外国人がいる。
ここも負けず劣らずかなりのゴージャスアパートで、大理石だらけ。

そしてこの人もここに一人暮らしで、1ヶ月とか海外に出張に行くこともあるから無人期間があるみたい。

ただ海外のゲストも多いので、接待用にホテルとしても部屋を提供している。


前に電気代の領収書が置いてあって、見てみたら5万も払っていた。

いくら広くてもどこにそんなに払うねんというくらい個人宅にしては高い電気代だなあと。
私なんて会社の電気代が5万越えたら、冷房の温度を2度ほどそっと上げてまわるのに。

広い部屋をずっと冷暖房つけたままだと、これくらい行くのかもね。

「でもここには床暖房がないんだよ~。前に住んでいたところはあったのに」なんて世界の違いにどうりアクション取ればいいのか、ちょいと悩んだ私だった。

同じ外国人でも、うちのモデルは家賃3万の風呂なし、共同トイレに住んでいるやつもいるよお。
ルックスだけよくても考えものである。
c0029524_331916.jpg


裸にエプロンのマッチョマン。
この話とは全く関係ございません。
[PR]
by luvjasjas | 2005-10-22 03:07 | 外国人

八景島

イギリス人の女友達シャーロットと横浜八景島にドライブ。

なんだかんだと会えていなかったので、かれこれ5ヶ月ぶりくらいかな。

「実はね、来年の1月にUKで結婚式するの」

といきなりの発表。

WOW

と、別にガイジンリアクションはしなかったが、
今年の1月に知り合った13歳年上の弁護士さんとゴールインだそう。

彼の話は時々聞いていて、何でも彼女がロンドンのヒースロー空港から成田に向かう飛行機の搭乗手続きをしようとしたところ、実際彼女は航空券を自分のロンドンの家においてきてしまい、Eチケットの用紙を持っていただけだった。
そしてたいした説明も受けずにボーディングパスのようなものを渡された。

もちろん彼女は片道は日本からやってきてチケットを使っているのでこの時点では家にチケットを忘れたことがたいした問題だとは思っていなかった。


そして搭乗口まで進み、中に入ろうとすると係員が
「このチケットでは乗ることができない。新しいチケットを買ってくれと。」という。その金額は13万ほどだったとか。


わけも分からず彼女はパニックになり、飛行機の出発は迫っているしでとにかく日本に戻らなければいけないから、その代金を彼女のデビットカードで支払おうとしたら予期せぬ出費で口座にその金額がなかったらしく、カードは使えない。

出発まで後10分と、もうぎりぎりで、周りのお客さんや係りの人も気の毒そうな顔をするだけで、彼女はあせる一方で、もう泣き出してしまったという。

そしたら突然彼女の目の前に一枚のクレジットカードが差し出された。

「よければこれを使ってください」と、そこにいたのは同じく日本に向かうイギリス人の背の高いメガネをかけた男性だった。

彼女は有難くその好意を受け入れ、連絡先を聞き「必ずお返ししますから」と約束をして、彼はアッパークラスのシートへ、彼女はエコノミーのシートへと別々に搭乗をした。

これが運命だった!

日本で再会を果たした二人は、ついこの間結婚を決めて、ロンドンで指輪を買ってもらったとか。
彼女の指にはエメラルドカットのダイヤが輝いていた。(ちょっとゆるいのか回ってしまっていたなあ(笑)

シャーロットにとっても驚くほどのスピードだったという。

弁護士の彼は日本に14年も滞在している人で、ゴージャスな都心のアパートに住み、フィリピン人のメイドさんが週2回身の回りのことをしてくれているとか。
多分家賃は80万くらいかなあ。

彼女も彼と一緒に旅に行く機会が増え、移動は全てビジネスクラスになった。

もともと彼女もよく働く子で、お金は充分ある子だから彼の稼ぎをあてにしているわけではないが、彼との生活の優雅さは認めている。

前に誰に似ているの?ってきいたら、「MR.ビーン」って応えたから、ああいうのを想像していたが、写真を見せてもらったら年齢より若く見えていい感じの人だった。

シンデレラなお話である。

にしても30を過ぎてからは、友人の結婚はうれしいものである。
[PR]
by luvjasjas | 2005-09-24 21:41 | 外国人

モデルからのお土産あれこれ

c0029524_15502446.jpg


外国人が大勢集まる環境にいると、バケーションや国に帰った時のお土産だといっていろいろもらう。

昨日帰ったモデルが、「ロシアからよ」
とチョコレートをくれた。

あんた一ヶ月いただろう。

何で帰るときだすんだ?

ほらほらこの暑さでチョコが解けて形が崩れているではないか。

真っ先に彼女が口に入れてから残りの何粒かを私たちにくれた。

土産の渡し方がなっていないこのモデルは散々滞在時自己主張、わがままを言いながらも昨日駅に向かうときはずっと泣いていて、帰りたくないとぐずぐずしていたらしい。

おいおい、契約期間の間十分に稼げなかったから延長してもっと稼ぎなさいと私たちがいったら、「あと1000ドルよこせ」といいやがったのはあんただろう。

わたせるかそんなもん。

何であんたに寄付しなきゃいけないんだ。


そんな折、別のモデルがお土産といってロシアの民族衣装を着た人形をくれた。

それがパーテーションのところに飾られていて、みようによっちゃかわいいのだが、どうも顔つきがアメリカのホラー映画のチャッキーにしか見えない。

そんなうちの事務所には、いろんな国の民族衣装を着た人形がおいており、所狭しと並べられている。

万が一、引越しや荷物の整理でこれらを処分せざるを得ないとき、人形供養に持っていかないとまずいだろうか?

ソウルが入ってそうよねえ。
[PR]
by luvjasjas | 2005-07-28 16:02 | 外国人

リチャードギアの15分

先日、友達のディレクターと食事に行った。

そこで出た話。

彼のやっている番組のゲストに、なんとリチャードギアがでたという。

とはいえ、相手は分刻みのスケジュールで映画の告知をしているから、番組に与えられた時間はたったの15分。

あの小泉首相とも会談をしていて、その通訳は映画といえばこの人,戸田奈津子氏。

この番組のときも戸田氏が通訳でついていて、リチャードも戸田氏もすんごい、不機嫌だったとか。

私が以前電波少年のデスクをしていたとき、飛び込みゲストでチャーリーシーンがやってきたことがあった。
全然予知していなく、確か広報部と映画会社を通じてたまたまその日収録していた番組が電波だったらしい。

私はこのとき、台本に何かを書き込もうとしていたチャーリーシーンがペンを探していて、生憎周りにいた人はもっておらず、私だけが持っていたので貸した。

そのときは英語なんて話せなかったから、無言でどうぞという様子をかもし出しながら差し出すと、チャーリーシーンは「THANK YOU]といった。

顔がかなり大きい印象だった。

そのときも戸田氏がついていた。

この間ヒューグラントの会見を見ていたらそれも戸田氏。

世界に伝わる日本人の女性のイメージが彼女の雰囲気(イメージ)になっていなければよいがと危惧するのは私だけだろうか。
[PR]
by luvjasjas | 2005-04-04 00:06 | 外国人

私は香港にだまされに行くのか??

香港への出張が決まって以来、各所連絡をとり始めた。

遊びには何度も足を運んだ香港。

これといって危険な目にあったとか、困ったことがあった経験はない。
しいて言えばホテルに置いてあったサングラスがなくなったことや、気持ち悪いんだが女性同士で滞在しているホテルの部屋の便座が留守中にあがっていたことくらいか。

これはこれで気持ち悪かったが。

* * *

というわけで、なぜだますだまされないかという話がでたかというと、

みんなが注意してくれるのである。

先ずは仲のいい香港人の子が、彼女はもう10年以上日本に住んでいるので、どちらかというと日本人みたいな仕事をしているんだが、彼女がいうには

「初めて正面きって取引を持ちかける場合、怪しい会社もいるから気をつけて。
日本からいいカモが来たってふっかけて来るかもしれないからね」

また

「香港人はいい加減だから、この間はこの条件でOkがでたからまたそのつもりで次に行くと、そんなの知らないって言い出すからね。
面倒くさいのがとにかく嫌いで、そのときの気分で前より安い値段でOKが出ることもあったりするし、全然高くなってたりもする。
現金が一番好きだからそれを条件にすると安い値段でOKが出たりもする」

などという。

また現地の日本人女性とのやり取りの中でも同じように、
「どこの業界に限らずいい加減なので、やり取りをした記録を持参して行ったほうが良い」

「表は営業しているような振りをしていても、実際していないところもあったりする」
とかいうし、

更に、現地のエージェントの女性とうちのスタッフがやり取りをしていても

「他の会社で怪しいところがいっぱいあるから気をつけて」
香港人から忠告される始末。

みんな私に「だまされないで」
といってくれるのだ。

あらららら。

でも、今まで海外の人と仕事のやり取りをしていて(日本に住んでいる外国人ではなく、この場合は私が現地に赴いて会ったときのこと)これまた日本人のような律儀さで対応してもらったことはほとんどない。

スロヴァキアでは、待ち合わせに先方のエージェントのおばちゃん2時間遅れてくるし、

もう一個のエージェントは雨が降っているのに、打ち合わせの部屋の電気すらつけてくれないし。

チェコでは、お土産であげたおせんべいを打ち合わせしているのに目の前でいきなり破き、事務所のスタッフがむしゃむしゃ食べだすし、

ロシアでは、最初いっていた話と全く違うし、英語ができなくて通訳を雇えば、その通訳がこちらの条件に対して意見を言ってくるし

お前は通訳だろう!!今の仕事はただ訳すだけで感情を入れちゃいかんのだ!!

相手が雇っている通訳が向こう側の立場に立つのは仕方がないが、あまりにも話が進まないから私がロシア人の通訳を雇ったのだ。なんでこっちの不利になるようなことを、私がお金はらっていわれなきゃならんのか。

韓国人のカメラマンのモデルの作品撮りで、ヘアメイクさんとかにも協力をお願いしてそのお礼にデータをもらうという約束をしていたにもかかわらず、それも果たされないままもう何ヶ月も時が流れた。

あれだけみんなが協力して、時には彼女のために無理をしてまでセッティングしたのにメールを送れど、間に入っている人に何とかしてくれといっても、本人に電話しても、全くらちがあかない。

忙しいところを無理して撮影に参加してくださったヘアメイクさんに対しても非常に申し訳ない思いでいっぱいである。



もう本当にいろんなことがあったしこれからも起きるだろう。

香港では何が起きるのか、結構楽しみにするしかない。
[PR]
by luvjasjas | 2005-03-16 23:29 | 外国人

マイケルの借金

マイケルジャクソンの借金が3億ドルを越えているという。

日本円で、だいたい300億円強か。

凄い金額。

浪費がたたったようなことが記事には書かれていたが、確かに昔見たテレビで

「うーん、これ欲しい、これもこれもあれもそれも。」

とラスベガスのショップで凄い買いかたをしていた。

一般人からしたら凄い感覚だが、はなから稼ぐ額が違う。
私も知り合いのお金持ち外国人がワインショップで「家にストックしたワインがもうなくて、買うからちょっと待ってて」とワインショップに一緒に行ったときは、
一本7,8千円もするワインを次から次へ買っていたのをみたときは、最初は驚いた。

わたしの中にお店ワインを飲むときにでお金は支払っても、家で飲むワインにそこまでお金をかける感覚がないし一度にワインを現金で5万円も買い込むことはないからだ。
でもワインにそんなに明るくないから、そこそこのもので満足できる私。

その人に言わせれば、エステに何万もかけるわたしの感覚は分からないに違いない。

そんなことはおいておいて、
いくらマイケルが借金が多いといっても、それは返そうと思えば時間さえあれば返せるものだと思う。
以前、放送作家時に特番で「スター涙の裏人生」なるものをやったことがある。

4.5人のスターの苦労時代の様子を見せるものなんだが、そのときわたしの担当は確か島倉千代子と北島三郎だったきがする。

渋いセレクトだ。

もちろん彼らの人生の歴史はよく知らないので、ディレクターから資料をもらってお勉強するのだが、お千代さんが何千万円だかの借金を抱えて、「絶望の淵に・・・・」なんてナレーションを書きながらも、プロデューサーからは

「でも、ワンステージで何百万ってお金が入ってくるから一回に返す金額が何百万単位で何度かステージやると返せるんだよね~」
と裏話。

書いちゃっていいのかなあ・・・まあ何年も前の話だ。

だからマイケルなんて世界的スターだから一度何かをやれば想像以上のお金が動くに違いない。持ってる財産だってすごいんだろうし。

そういえばそのときの番組でのエピソードをもうひとつ。

サブちゃんの回のこと。

サブちゃんが、売れないころ渋谷の百軒店で流しをやっていたという話がでていた。
その当時のスナック街を練り歩くロケのために、ロケハンでアシスタントがいくつかの店舗を回ってインタビューをおさめてきたVTR のなかに、誰かと非常に似ているおばさんの顔が映し出された。

小さなスナックを今でもやっているおばさんでどこかで見た顔だ。

するとプロデューサーが
「あ、この人細木数子のねえさんね」

細木さんの実の姉妹らしいが、小柄ながらもよく似ている。

でも、片やあんなに豪勢に裕福な様子でこちらはちいさなスナック経営だ。店の中には演歌歌手だかなんかのポスターが貼られ、場末ナ雰囲気。

運命っていろいろなのねえ。。。
c0029524_0325217.jpg

[PR]
by luvjasjas | 2005-03-13 00:36 | 外国人

外国人モデル事務所社長’s エッセイ&Model Sample


by luvjasjas
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31